head man hug

早漏でも長く楽しむ方法

green pills on the wooden

ダポキセチンやリドカインの使用を検討している方は、セックスの際に無意識で射精しやすい体勢を取っているのかもしれません。少しでも長く保てるための体位をご紹介していきます。

早漏を改善できる薬

a man thinking about family

早漏を治療する薬として有名なものに、ダポキセチンとリドカインがあります。内服薬と外用薬という違いはありますが、どちらも必ず早漏に効果を発揮してくれるので試してみる価値は十分あります。

事前に伝えておこう

a man worry about his work

パートナーとセックスをする際、ダポキセチンやリドカインの使用を事前に伝えておくことをオススメします。早漏を改善しようとしている前向きな態度を見せることで、きっとパートナーも積極的に協力してくれると思います。

原因はオナニーのし過ぎ?

the drugs and the thermometer

大切なパートナーとのセックスで、気持ちよすぎてすぐに射精してしまった…。
そんな経験、誰にでも一度くらいはあるのではないでしょうか。
そんな時、心の中ではまだ「射精しちゃ駄目だ!」と思っていても快感が高まりすぎて止められなくなり、そのまま射精するのはもちろん気持ちいのですが、頭が冷静になると気まずい雰囲気を感じてしまいますよね。
日本人でも早漏に悩んでいる方はとても多いので、決してあなた一人だけの悩みではありません。
ただしセックスライフを充実させるためにも早漏を治したいと思っているなら、その原因を探っていく必要があります。
早漏と言えば、「オナニーをし過ぎると早漏になる」という言葉を聞いたことはありませんか?
オナニーは男性も女性も日常的に行っている行為であり、絶頂を迎えた瞬間はとても気持ちいいですよね。
また、オナニーにはイライラしている時や不安を感じる時に行うことで気持ちをリラックスさせる効果もありますし、オナニーをしているからこそ世の中の性犯罪が起こりにくいと言われているので、オナニーにはメリットも多いんですよ。
もしもオナニーをしていて早漏になってしまうのだとしたら、頻繁にオナニーをしているからではなく早く射精する癖が付いてしまっているからなのかもしれません。
誰にも見られたくない気持ちから素早く手を動かして強い刺激を与えているのだとしたら、女性とセックスをする時も刺激を感じるとすぐに射精してしまうのではないでしょうか。
そのため、すぐに終わらせようとするオナニーのやり方を変えてみることも大切ですし、ダポキセチンやリドカインといった早漏治療薬を使って本格的に早漏を改善することもオススメです。